民族・説話・宗教

ヨム・ウタフ・琴歌

万葉歌古代歌謡論攷

神野富一[著]

A5判上製・336頁・8000円+税
ISBN978-4-87737-436-5(19・1)

「歌」とは何か、「和歌」とは何か。
ウタフ行為からヨム歌=和歌、 万葉歌の成立へ
琴歌・琴歌譜の成立と構成

和歌の成立と歌謡─ヨム・ウタフ・琴歌

「歌をヨム」こと
琴歌譜「余美歌」考
万葉歌の口誦性─「作」字の有無をめぐって

古代の「しつ歌」「しつ歌の歌返」について
─『古事記』と『琴歌譜』
歌謡と韻律
ウタの場・ウタの担い手─沖縄の祭祀の事例から

舒明天皇国見歌攷
制度としての天皇歌─額田王歌の作者異伝にふれて
蒲生野贈答歌
歌謡と和歌

琴歌略史─聖武朝ごろまで
琴歌譜の成立過程
琴歌譜の「原テキスト」成立論
琴歌譜歌謡の構成─「大歌の部」について
琴歌譜歌謡の構成─「小歌の部」について
 付 「大歌奏」について

短歌と漢語

.

びわ湖街道物語

西近江路の自然と歴史を歩く

神尾 登喜子[編]

A5判並製・271頁・1800円+税 
ISBN978-4-87737-377-1 (14・11)

はじめに─近江・山と森と水の風土
◉神尾登喜子
湖と山の街道─西近江路・若狭路・朽木街道
◉神尾登喜子 
鎮守の森─比叡・比良・西近江路
◉神尾登喜子

 

西近江路の歴史と物語
◉高橋文二
比叡山の修行─回峰行と葛川明王院
◉横山照泰
近江・朽木─木地師の里と谷筋の道
◉廣川勝美

 

コラム◉日本のふるさとと朽木・天狗の山里

 

近江の風光と観光─琵琶湖周遊こころ旅
◉吉見精二
移動する琵琶湖          
◉横山卓夫
湖西高島の峠道を歩く
◉草川啓三

.
不思議の国・ニッポン

不思議の国・ニッポン

神尾登喜子[著]

四六判・304頁・1600円
ISBN978-4-87737-275-0(09・4)

明治の王政復古によって京都の仏教界は大きな打撃を受け、その基盤を失う。そこで外国人をよんで博覧会という大イベントが行われた。それはどんなものだったのか。神と仏両方に手を合わせ何の違和感もない日本人は外国人にどう映ったか。明治の神仏混淆の禁止令から140年の時を超え2008年神仏霊場会設立までの神と仏の風景を辿る。伊勢・熊野路でニッポンを考える/外国人には理解できない?ニッポンの神と仏/碧眼が見たニッポ/外国への発信/祈り・願いのフラグメント/神と仏、ふたたび/世紀を超えた新たな神仏同座の風景/付録 京都および近郊名所案内(訳文)
.
語り物の比較研究

語り物の比較研究

韓国のパンソリ巫歌と日本の語り物

邊 恩田[著]

A5判・426頁・9000円
ISBN4-87737-143-5(02・2)

[第一篇]物揃え 一 物揃えと語り物/二 人物描写の方法/三 名寄せ/四 物揃えと 滑稽表現/五 「道行き」と「路程記」[第二篇]『浄瑠璃物語』と『春香伝』 一 『浄瑠 璃物語』と『春香伝』の生成と趣向/二 庭園描写と四方四季/三 『剪燈新話』と『金鰲新話』から『浄瑠璃物語』へ/他[第三篇]一 昔話「腰折れ雀」とパンソリ「興甫歌」/二 「家讃め」の構造[第四篇]一 パンソリにおける視覚化の方法
.
伝承の碑

伝承の碑

遍路という宗教

谷口廣之[著]

四六判・176頁
ISBN4-87737-004-8(97・5)

.
天台談所で法華経を読む

天台談所で法華経を読む

廣田哲通[著]

四六判・303頁 3689円
ISBN4-87737-011-0(97・2)

.
説話-異界としての山

説話-異界としての山

説話伝承学会[編]

四六判・270頁
ISBN4-87737-007-2(97・2)

.
沖縄祭祀の研究

沖縄祭祀の研究

高阪薫・秋山紀子・武藤美也子・神野富一[編]

A5判・344頁・4854円
ISBN4-906424-39-2(94・4)

.
説話-救いとしての死

説話-救いとしての死

説話伝承学会[編]

四六判・254頁
ISBN4-906434-36-8(94・4)

.
柳田国男の思想世界

柳田国男の思想世界

綱沢満昭[著]

四六判・198頁
ISBN4-906434-20-1(93・6)

.