古典文学研究◎全般

定家のもたらしたもの

日本女子大学日本文学科[編]

A5判上製・256頁・3000円+税
ISBN978-4-87737-401-3(18・3)

2つのテーマからアプローチする
継承と変容 
文字と仮名遣い
定家の築いた「古典」とは

執筆者
渡部泰明❖東京大学教授
村尾 誠一❖東京外語大学教授
味方 健❖シテ方観世流能楽師
ポール・アトキンス❖ワシントン大学教授
坂本清恵❖日本女子大学教授
遠藤邦基❖奈良女子大学名誉教授
別府節子❖出光美術館学芸員(シンポジウム時)、実践女子大学研究推進機構研究員
小堀宗実❖遠州茶道宗家十三世家元
伊井春樹❖阪急文化財団逸翁美術館館長・大阪大学名誉教授
浅田 徹❖お茶の水女子大学教授
杉本まゆ子❖宮内庁書陵部研究官
高野晴代❖日本女子大学教授
石井倫子❖日本女子大学教授

.

古代文学の時空

河添房江[著]

A5判・359頁・6800円
ISBN978-4-87737-356-6 (13・10)

古代文学の時空間がどのように生成されているのか、古代文学が後代の時空間にどのように屹立しているのか


源氏絵に描かれた唐物─院政期から近代まで─  河添房江/価値化される「古」─『萬葉集』一〇二七番歌左注の問題─ 村本春香/大伴家持の訓注表現 ─『万葉集』巻第十九・四一六八の「毎年」と「としのは」をめぐって─ 奥田和広/殿前の梅、窓辺の梅 賴 國文
平安京の歌と「こころ」 谷戸美穂子/旅の歌の系譜としての『土佐日記』の和歌 今井俊哉/表出する序者─『新撰和歌集』序をめぐって─  坂倉貴子/光源氏における「孝」と密通 趙 秀全/玉鬘十帖の『伊勢物語』引用群─若草と二条后、または光源氏の現在─ 吉野 誠/呼称が描く夕霧の恋─「男」・「男君」・「女」・「女君」呼称をもとに─ 麻生裕貴/垣下親王のいる風景 新山春道/物語史の中の斎宮、あるいは逆流するアマテラスの物語─上代の斎宮から『我が身にたどる姫君』まで─ 本橋裕美/東北大学附属図書館蔵旧制第二高等学校旧蔵『河海抄』をめぐって 松本 大/与謝野源氏と谷崎源氏に表れた『源氏物語』の罪意識の受容 古屋明子

.
武家の文物と 源氏物語絵

武家の文物と 源氏物語絵

尾張徳川家伝来品を起点として

高橋亨・久富木原玲・中根千絵[編]

B5判・496頁・6500円
ISBN978-4-87737-322-1 (12・3)

家康は自身の所蔵品を、駿河御分物として徳川三家に譲り渡した。尾張徳川家はこれをほぼ元のまま保ち、徳川美術館・蓬左文庫に伝えている。その所蔵品は、「源氏長者」家康の文化政策を知るうえで貴重な手掛かりを提供している。徳川美術館・蓬左文庫は、国宝の刀剣などの武具甲冑のみならず、金沢文庫本『続日本紀』(重要文化財)、『源氏物語絵巻』(国宝)・河内本『源氏物語』(重要文化財)・「初音の調度」(国宝)などを、駿河御分物と歴代尾張藩主および藩主夫人の文物として所蔵している。これらの文物が武家に伝えられていることは、王朝文化を近世の武家が受け継ぎ、みずから政策に取り込んでいたことを示している。本書は徳川美術館・蓬左文庫の所蔵品を起点に、それら文物自体の研究とともに、これに連なる文化の受容、再構成のありかたを視野に収めた。また、愛知県立大学所蔵の絵画資料の紹介も含んでいる。
.